セブ島旅行③ 春休み2018 ソンクラン編

あかーん!!!
気が付いたら6月なってますやんっっ😱
過ぎてますやん!
あかん、私毎日何してた?ぼーっとし過ぎや。


やっとこ3日目。
早朝からオプショナルツアーへ。
朝4:30集合で出かけた先はオスロブの
ジンベイザメとシュノーケリングツアー!!
セブのオプショナルツアーの目玉的存在ですよね〜。
ただこのツアーなかなかのお値段&移動時間。悩みに悩んだのですが、男達は行く気満々😤でして、後々
「ママがダメって言ったからジンベイザメ見れなかったよねー!」
と言われ続けるのも嫌だし、腹くくって行ってきました。

行く前の説明だと、片道3時間ぐらいって言われてたんだけど、まー長い!
前半戦は舗装されていない道あり、なかなかの悪路。
ずーっと私は寝てて、トイレ休憩で起きたのですが、
「もう、着いたか?」と思ったら
ドライバーさんは「あと半分!」と…。
マジか。
すでに、結構時間経ちましたけど…。
車の中で朝食のサンドイッチを食べて、後半戦。ここからは山道が続きます。
前半戦より長いんじゃ?ってくらい時間がかかり、途中車の立ち往生ありーので合計5時間弱かかって目的地に到着。
もうね、行くだけでヨレヨレ😰


日本人が経営しているホテルから
シュノーケリングやダイビングに行きます。
到着後は書類を書いたり、説明を聞いたりして、やっとこ船に乗り出発。

f0131834_16512957.jpeg

ジンベイザメとシュノーケリングなので、てっきり沖に行くと思っていたら、車移動中に通った海岸の方に行く。
なんでかな?と思っていると、ボートに乗った観光客がわんさか見えてきた。
どうやら船からジンベイザメウォッチングをしているらしい。

要は餌付け。
ボートに乗ったおじさんが餌をまいてジンベイザメを呼び寄せている。
岸の近くで餌付けすれば、わざわざシュノーケリングやダイビングをしなくとも気軽にジンベイザメを見られるって寸法の様です。
なるほど、ほぼ100%の遭遇確率ってそういう事ね。
沖にジンベイザメが良く出没するポイントがあって、自然な感じで見られると思い込んでいたので、少しガッカリ。


私達が乗った船は観光客のボートから少し離れた所に泊めて、ポイントまでは泳いで移動。2〜3人に1人ガイドさんが付いてくれます。
ポイントに着くと早速ジンベイザメ登場!
出発前の説明だとジンベイザメから5mは離れて下さいとの事でしたが、近い近い!
2mぐらい横を泳いでいきます。

デカイー!!!

そして近すぎてちょっと怖いー!!!

ジンベイさん、目が虚ろ〜〜〜!

すぐ横に餌付けのおじさんの船がいて、下から現れたり、後ろから大口開けてやって来たり。
真下を足スレスレで通って行ったり…。
全部で4〜5匹いたでしょうか?次から次へ新しいジンベイザメが現れます。

思ってたんと違う。迫力があり過ぎる!
大き過ぎる生き物って、ちょっと恐怖感じるもんなのね。

ガイドさんが一生懸命写真を撮ってくれたんだけど、後から見た写真には息子さんの下から大口開けたジンベイザメが迫っている写真がありました。

「く、食われるーーー!!!」

旦那さんも息子さんも大興奮で、ジンベイザメに寄っていこうとするから、息子さんが食われるんじゃないかと心配になって、何度も腕を掴んでは引き戻していました。
(息子さんすんごい迷惑そうにしてた💦)

ジンベイザメとシュノーケリングする時間は40〜50分ぐらい。
最後の方はライフジャケット酔いでヨレヨレになりながらも、何とか最後まで頑張れました。



船に上がると次のポイントへ。

f0131834_19262334.jpeg

次のポイントは普通にシュノーケリング。
私はライフジャケット酔いで、シュノーケリングはせずに船に残りました。
普通船の方が酔いそうなもんですが、私は平気。何なんだろうな?不思議。

f0131834_19270127.jpeg

男達はとっても楽しんでます。ウミヘビとか居たんだって。



シュノーケリング終了後は陸に戻り、
着替えてランチ。
ランチは中華のお弁当が出ました。

f0131834_13571782.jpeg

旦那さんと息子さんはジンベイザメシュノーケリング大満足!とっても楽しかった様です。
私も人生2度目のジンベイさん、前回とは比べ物にならない近さで拝見し、大変貴重な体験が出来ました。





昼食後すぐ帰ります。
行きが長かっただけに早く出ないと何時になるかわからない。気が重い……。
帰りも車の中で爆睡。
が、寝ても寝ても帰り着かない。
2時頃に現地を出発して、ホテルに到着したのはすっかり日も暮れた7時頃。
この日は土曜日で地元のお祭り期間でもあり、すごーく渋滞しました。
往復10時間……づがれだぁ😱😱😱

ジンベイザメをあんなに間近で見る事が出来るのはとても貴重な体験!!!
超オススメですが、オスロブまでの往復は少し覚悟が必要かと思います。
(私的には2度目は無いな。)


ホテルに戻って、体に鞭打って食事へ。
魚介が食べられるレストランへ行きました。
最後の夜ですからね〜。
ビーチ沿いのステキなレストランです。

f0131834_19284991.jpeg



海老のスープにお魚のグリル、海老やイカのフリットなど旦那さんとシェアして食べました。

f0131834_19312735.jpeg


息子さんはキッズバーガー🍔

f0131834_19315808.jpeg

味はどれも美味しかったですよー!



レストランの中の水槽。
目の前の海で泳いでる魚達が泳いでいました。
いろんな意味でお魚三昧。

f0131834_19321972.jpeg


ニモもいたー!

f0131834_19323711.jpeg



疲れて時々白目になりながらも何とか食事を終えて部屋へ。
とにかく移動で疲れまくった1日でした。


つづく。


[PR]
Commented by koyagi at 2018-06-15 16:13 x
素晴らしい貴重な体験!
たけど読んでるだけのはずの私がハードな行き帰りの移動に疲れたー(^_^;)

by feliz-1009 | 2018-06-04 20:01 | 旅行 | Comments(1)