カンボジア旅行③

2日目後半、午後から待ちに待た
アンコール・ワットへ。
橋を渡ってGO❗️

f0131834_20043034.jpeg

アンコール・ワットの入り口↑



中に入る前にナーガと。

f0131834_20053140.jpeg



入り口から出たら…
アンコール・ワット見えたー!!!

f0131834_18590366.jpeg


感動するーーー!!
本当にアンコール・ワットに来たぞー!!!




正面から見るとトウモロコシって言うか、
松ぼっくりって言うかな塔が3つ見えるんだけど、本当は5つあるんだよね。

それを見るベストポジションがこちら。

f0131834_23182114.jpeg

塔が5つ見えるだけでなく、手前の池?に映るアンコール・ワットが美しい!!
逆さ富士ならぬ、逆さアンコール・ワット!


f0131834_23114574.jpeg

ベストポジション過ぎー!!!
あか〜ん、テンション上がるわーー!!!
いつまでも何枚でも写真撮っていたいけど、
ガイドさん先行っちゃうので程々に。



続いてアンコール・ワットの中へ行きます!

f0131834_23263299.jpeg




建物の壁や天井は細かい細工が施されています。

f0131834_23332141.jpeg





ここは建物の中心。

f0131834_23353348.jpeg

コンパスを置いてみると、0℃。コンパスなど無かった時代に寸分狂いなくピタリ!
昔の人はすごい建築技術を持っていたんですね。
ここはパワースポットと言われているそうで、私は携帯の待ち受けにしちゃいました!!!





続いて第3回廊へ。
第3回廊は神の世界との位置付け。
モロコシがのった一番上の階で、階段で上がるのですが、12歳以上しか登れません。
前は昔に作られた建物そのままの階段を使って上まで登っていたのですが、転落事故が何度かあり、現在では階段が取り付けられています。



f0131834_23371957.jpeg

↑昔のままの階段、傾斜70℃。
アンコール時代は王様や高位聖職者のみ第3回廊に登れたそうで、急勾配にしたのは神の世界に入る人間を這うようにする事で服従を求めるため。
それ、ちょっと落とす意図あったんちゃうん?そのままの階段じゃ落ちるわな。





f0131834_23470307.jpeg

↑手すり付き階段。
ひょーっ、階段付いても怖いですやん!
この第3回廊に登るのは大人気で行列。
息子さんは登れない為、「仕方ない。私は息子さんと待ってるから、旦那さん登って来ていいよ!」なんて恩着せがましく言ったのですが、内心はちょっとホッとしたりして。
ところが早めに降りて来ることを条件に、旦那さんが降りて来たところで奥さんが交代で登れるようにガイドさんが現地係員に交渉してくれたのです!!
ツアーには他にも子連れ家族がいたので、じゃあ奥さんも登りましょう!って事になり、私も登る事に!!!

待ってる間下から皆んなが登ってるのを見てたんだけど、行きは良い良い帰りは怖いのなんのって!!!
アンコール・ワットはお年寄りの観光客が多くって、お爺ちゃんお婆ちゃんもガンガン登って行くんですよ。
スゲーな、大丈夫か?と思って見ていたら、降りようと下り階段に向かうんだけど、中には足がブルブル震えちゃってるお爺ちゃんとかいる訳ですよ。
もうね、見てるこっちまでヒヤヒヤするわ!
終いには怖くて前向いて降りれなくて、手すりにしがみ付きながら後ろ向きに降りて来たり。
心臓に悪いわ!!!
かなり登りたくない…けどせっかくここまできて登らないのも後悔しそう……なんて頭の中ぐるぐるしてるうちに旦那さん降りて来た!
息子さんは「僕は登れないから、その分ママが僕のカメラで第3回廊撮してきてね!」なんて言うてるし、息子さんの手前怖いからやっぱり止めるなんてカッコ悪くて言えないし、
「もーっ、行ってまえー😂」
と腹くくって行ってきました。
第3回廊はぐるっと一周できるんですが、ビビりすぎて出口を通り過ぎて階段の場所が分からなくなりました。
係の人に「出口どこ?」と聞く羽目に。
下り階段の一番上からの景色はそりゃ怖かったけど、降りて来る私に手を振る息子…。
「ビビってるのバレたらあかん。」と思い、ビビってない演技しながら降りてきました。

はー、怖かった!!!

息子さんは大人になったらもう一度アンコール・ワットを訪れて、第3回廊登ってみたいそうです。





恐怖の?第3回廊の後は第1回廊のレリーフへ。


f0131834_00243118.jpeg

↑乳海攪拌のレリーフ。
乳海攪拌とはヒンドゥー教における天地創造神話。タイのスワンナプーム空港には巨大な乳海攪拌の彫刻が置かれています。




f0131834_00314917.jpeg

神々と


f0131834_00323103.jpeg

↑阿修羅が蛇で綱引きしてるんです。






次は天国と地獄のレリーフ。


f0131834_00342515.jpeg

↑真ん中の方が閻魔大王ヤマ。




f0131834_00362745.jpeg

息子よ、良い行いをしておかないと天国行けないんだよ!





f0131834_00381815.jpeg
↑地獄のみなさん。
紐でつながれ、棒で叩かれてますやん!
徳を積んで置かなければ😱




これにてアンコール・ワット観光終了。
いや〜建物の圧倒的な存在感、美しさ、厳粛な雰囲気。
第3回廊のドキドキ・ハラハラ。
レリーフの素晴らしさ。

あのアンコール・ワットに自分がいるんだっていう高揚感、なんとも言えない感動。
とにかくその場所に行ってみないと分からない物があるんですね。
それは息子さんも身体で感じた様でした。
親子共々とても良い経験が出来ました。






大満足のアンコール・ワットの後は
ディナー&ダンスショー。盛りだくさん過ぎ。

f0131834_00474466.jpeg

メインはアプサラのダンス。
アプサラとは乳海攪拌の際に産まれた踊り子。



f0131834_00495551.jpeg

アプサラのダンスはゆったりとしたダンス。
朝から暑い中長時間遺跡観光をしていた私達はこのゆったりとした音楽と美しいダンスに
うっとりとして?度々白目向いて口開いて、
記憶が飛びそうになるのを必死に堪えたのでした。





つづく



[PR]
# by feliz-1009 | 2017-12-29 18:54 | 旅行 | Comments(0)

クリスマス2017🎄

クリスマス終わっちゃいましたね〜。
カンボジア旅行記中ですが、ちょっと脱線しまして今年のクリスマスについて。


クリスマスツリーの最終形はこうなりました。

f0131834_18532408.jpeg



結局ぬいぐるみと…

f0131834_18570065.jpeg

こちらのオーナメントを追加しちゃいました!
あはは、やっぱり、我慢できなかったな。
でも今年のクリスマスツリー🎄とってもお気に入りです!




他はこんな感じで。

f0131834_19023360.jpeg


f0131834_19275905.jpeg



プレイモービル&ミニオン達。

f0131834_19051602.jpeg

これが今はこう。 ↓

f0131834_19244340.jpeg

クリスマスの仕事を終え、忘年会中。



毎年こうやってブログにアップしておくと、
去年はこうだったとか、あれ出してないなとか確認できるから自分の記録としてとても良い!
あまり変わらないとけ、少しずつ飾りが増えていくのがとっても幸せ💖




で、肝心のクリスマス当日は…
イブに家族でパーティをしました。
私が病み上がりだったので、買ってきたものをそれっぽく並べただけになりましたが…。


今年のケーキは🎂

f0131834_18485717.jpeg

ちゃんと予約してあったので、4回目にして
やっと美味しいケーキが食べられました。


そして25日の朝には…

f0131834_19350989.jpeg

ちゃんとサンタさんいらっしゃってました。
今年はかなりサンタの存在を疑っていた息子さん、でも信じてるふりしないとプレゼントもらえないから信じてる風でした。

来年はどうなる事やら。



[PR]
# by feliz-1009 | 2017-12-26 18:48 | Comments(0)

カンボジア旅行②

体調不良が続いておりまーす😩
熱は下がってるんですけどね。
2日前から胃、そして昨日は腸にきました。
インフルエンザだったら困るので昨日病院行ってきましたよ。
結果、胃腸炎でした。
インフルエンザの検査もしてもらいましたが
インフルエンザでは無かったので安心しました。
今日はかなり良くなりました。


では、カンボジア旅行2日目(前半)いってみましょう!

いよいよアンコール遺跡群へ。
2日目はアンコール・トムからスタート!
天気はめちゃ晴れ☀️めちゃ暑です。




f0131834_23445013.jpeg

アンコール・トム南門。
凄い存在感のある門です。
アンコール・トムとは「大きな都市」と言う意味で、アンコール王国最後の首都なんだそうです。



f0131834_00122569.jpeg

アンコール・トムの中央に位置する
バイヨン寺院。
この写真では分かりづらいですが、よーく見ると仏像のお顔がいっぱい。
凄い数!!!圧倒されます。
仏像は全部で100以上あるそうで、一つ一つお顔が違うのだそう。


f0131834_23543080.jpeg

中の壁のレリーフは細工が細かくて、とても美しい!!!良くこんなに綺麗に今まで残っていてくれたなと感激します。


f0131834_23582983.jpeg

息子さん、夢中で撮影しとります。



そしてこちらが「クメールの微笑み」と呼ばれる仏像。

f0131834_23594676.jpeg

本物〜!とテンション上がります!
記念撮影をする人達でごった返しておりました。


f0131834_12391617.jpeg

12世紀末にどうやってこんな凄い物作ったのでしょう。ただただ凄い!!!


次に象のテラスにちょっと寄って写真撮影。

f0131834_12501783.jpeg





そしてタ・プロームへ。

f0131834_13524986.jpeg

タ・プロームは王様がお母さんの為に建てた仏教僧院だったが後にヒンドゥー教寺院に改造されたとみられているそうで、仏教色の強い彫刻が削り取られています。


この寺院が有名なのがこちら↓

f0131834_13580692.jpeg


f0131834_13592430.jpeg


f0131834_14000032.jpeg

木の根がえらい事になっとります。
凄い景色。


f0131834_14012467.jpeg

この木と遺跡の景色が人気なのですが、
木が成長し過ぎて、建物の状態を保つのが限界を迎えているそう。
木があってこその神秘的な景色ですが、これ以上壊れて欲しくない。
遺跡は古い物がそのまま建っているものと勘違いしがちですが、人が手を入れて修復したり、管理をしないと後世に残していけないものなのですね。


とにかく想像以上に素晴らしく大興奮!
「凄い!凄い!」しか口から出てきません。
目で見て、カメラ、携帯、ビデオで撮って
大忙しです!!!



後半はいよいよアンコール・ワットです!

つづく



[PR]
# by feliz-1009 | 2017-12-21 18:28 | 旅行 | Comments(0)